2年間の集大成「SIR ROME-サロメ-ローマと呼ばれた男」

おはようございます😃

 

2016年度も残り2ヶ月。

私の大学院生活も(多分)あと2ヶ月です。

 

この2年間の全てをぶつける舞台を、3月末に名古屋で行います。

 

SIR ROME -サロメ-

ローマと呼ばれた男

 

舞踊と芝居の舞台です。

 

原作は、オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』。

 

原作をもとに、福音書を再解釈し脚本化したものを上演します。

 

1.公演の動機

才能があると思う役者さんを自分の舞台で魅せたかったから。

 

2015年秋、私はある芝居の舞台を観に行きました。名古屋小演劇界と呼ばれるものを初めて観ました。そこで一人の俳優さんを見つけました。良い意味で溶け込む気の無い方でした。

 

2016年初め、とある芝居の舞台にダンサーとして出演することになりました。そこで、同い年の魅力的で独特な雰囲気をもつ女優さんを見つけました。

 

2016年初夏、なんと私も役者として舞台に立つことになりました。苦く、しかし印象深い舞台でした。そこで、芝居がしたい!の思いだけで突き進む俳優と女優に出会いました。

 

2016年秋、再び芝居に振付として関わることになりました。そこで、普通の女優さんとは異なる雰囲気をもつ女優さんと出会いました。

 

同時進行で、「サロメ」の再解釈と舞台化・舞踊化を計画していました。サロメには深い思い入れがありますが、それはまた別の機会に。

無知だった名古屋小演劇界のことを少しだけ知って、才能がありぶっ飛んだ人がいるのを知って、「第一弾をやるなら今だな」と思って、まずは同い年の俳優に相談。紆余曲折あり、二転三転することもありましたが、なんとか公演を射程圏内に位置付けることができました。

 

2.公演の見どころ

箇条書きにしておきます。後々付け足していくかも。

(1)精鋭揃いの役者陣

(2)踊りも芝居もあるけど、どちらも蛇足のポジションにはならない(はず)。

(3)かなり赤裸々に書いたニューオールドの会話体の脚本。

(4)芸術に寄せたい舞台。

 

 

あとで他の項目加筆します。

疲れました。休憩。

 

「公演情報」

 

破天荒あかちゃん神の名をつぶやく
「SIR ROME-サロメ-ローマと呼ばれた男」


ワイルド作の戯曲「サロメ」をもとに、
福音書を新解釈。
芝居と舞踊で舞台を創り上げます。


🎗出演
akari
岩瀬かえで
きくちまや(劇団いがいと女子)
小林竜太(演劇ている)
中居晃一(movemates)
平手さやか(劇団秘密基地)

 

 

🎗スタッフ
脚本 akari
演出 中居晃一
演出助手 丹羽駿太
舞台監督 小林竜太
制作 今井あや子
衣裳協力 tamaco(ピクルス)
協力 TORIDE

 

 

🎗日時
2017年3月31日〜4月2日
3月31日(金)19:30
4月1日(土)11:00🌙/15:00/19:00
4月2日(日)13:00/17:00
※記載は開演時間。開場は開演の30分前。
※🌙回(4/1 11時回)は未就学児入場可。

 

 

🎗会場
ナンジャーレ
(〒453-0013名古屋市中村区亀島2-26-5キジビル4F)

JR名古屋駅新幹線口より徒歩10分
名古屋市営地下鉄亀島駅より徒歩6分
1Fがローソン100のビルです。赤ちゃんがグローブをはめている大きな看板があります。その下に入り口の階段がありますので。そこを上がって2Fの下駄箱で靴を脱ぎ、4Fまでお越し下さい。

 

 

🎗料金(前売当日同じ)
一般 2000円
学生 1500円
小学生 500円
未就学児 無料(※🌙回のみご入場いただけます)

 

 

🎗予約方法
オンライン予約→https://www.quartet-online.net/ticket/sirrome

 

 

🎗お問合せ先
mail→hatenkou_god@excite.co.jp
Twitterhttp://twitter.com/nagoyakikaku

 

 

🎗あらすじ
ヘロデは、自分の兄である前王を殺し妃を奪い今の座に就いた。彼は妃の娘である王女サロメ にただならぬ目線を向けているが、その目線に耐えられなくなったサロメは、自分のお目付け役である若 いローマ人の男と関係を持つようになった。その逢瀬の際、預言者ヨカナーンの存在を知った彼女は、彼 が閉じ込められている井戸に向かう。預言者は不吉な言葉を喚き散らして、妃から嫌がられている。預言 者との接触は王により禁じられているのだが、サロメは色仕掛けで見張り番であるシリアの青年に禁を破 らせて、預言者を見てしまう。そして--。

一同、心よりお待ちしております。

 

 

創作組曲「birds」

既存の曲で新しいシリーズ作品を作るのがずっと夢でした。クラシック音楽に対する既存の概念を取り除くような踊りを作りたかった。

 

2015年10月より創作を開始し、現在5作目。

バレエダンサー向きの踊りです。

 

(1)フラミンゴ

曲:ストラヴィンスキーペトルーシュカ」より

 

(2)ハチドリ

曲:ストラヴィンスキー春の祭典」より「春のきざし」「誘拐」

 

(3)カモメ

曲:ストラヴィンスキー火の鳥」より

 

(4)クジャク

曲:ドビュッシー作曲「ミンストレル」

 

(5)カルガモ

曲:プーランク作曲「雌鹿」

 

(6)タカ

新作です。

 

振付の貸し出しも行なっております。

ご興味のあるバレエ教室やバレエ団の方ご連絡ください。

 

f:id:akariballet:20161017173805j:image

 

 

ちいさくてみじめなわたしのさいごは。

みじめなわたしが好きなんでしょ?
ちいさいわたしに興味あるんでしょ?

 

みじめなわたしがお好み?

ちいさなわたしがお好み?

 

そこのきみも、そう きみも、

みじめなわたしを見て安心してる。

ちいさなわたしを見て安心してる。

 

だったらちいさくみじめに終えてあげる。

 

ちいさくてみじめなわたしのさいごは、

やっとはじまるよ。
さいごがやっとはじまるよ。

 

 

君を愛そう、この身が裂けても。

君を愛そう、この身が避けても。

谷崎潤一郎『春琴抄』を読んで

 

 

絶望ってそこまで悪くない。

地面を感じて、まっすぐ上を見た。
太宰治人間失格』を読んで

 

 


1.谷崎潤一郎『春琴抄』を読んで
2.カフカ『変身』を読んで -
3.カフカ『変身』を読んで +
4.小林多喜二蟹工船』を読んで
5.家族へ

 

f:id:akariballet:20160929014432j:image

f:id:akariballet:20160929014448j:image

 

ちいさくて

みじめな

わたしの

さいごは。

 

ちいさくて

みじめな

わたしの

さいごは。

 

声高に言うよ。

 

さいごくらいはじぶんでじぶんで。

 

 

 

 

何がしたいの私〜?!の話とか 芸術に寄りたいなの話

おっはよーーーございます!!

 

バイト先で「今日も相変わらず元気そうだねー!良いねー!」って褒められて

「えへー😄☺️」って喜び照れてるakariです。

 

最近起きたいくつかのことを考えて、「何がしたいの私〜?!」を考えたので、書いてみます。

 

◯最近起きたこと

 

  1. 生徒に真剣に「生きなさい」って伝えた
  2. ダンスコンペに落ちた
  3. 2017かめやまトリエンナーレに入選した
  4. あいちトリエンナーレの展示会場で踊ることになった
  5. 4)の関係でトリエンナーレコーディネーターの方と話した
  6. 修了論文の目処がたった
  7. 6)の関係で名古屋の芸術環境について考えた
  8. 福岡調査の結論を出した(実は修了論文関係というよりは、芸術環境の調査に行ってました)

 

 

振り付けすることと踊ること、どっちがやりたいんだろう?とか、

もっというとどんな踊りが踊りたいんだろうと考えていて、

 

自分の行動から小さい結論を見つけました。

 

端的に言ってしまうと、私は本質は芸術に寄りたいんだなと思ってる。

 

自分が踊ること、作ること、芸術に寄りたい。

 

けど、芸術だけの踊りだけじゃなくて、例えばお芝居を盛り上げるためのダンスとかもできるようにしていたいし、やれると思う。

 

2015年、デビューの舞台を「ダンス公演」じゃなくて「芸術」の祭典である「デザインフェスタ」にした理由。

 

わざわざホームではない東京を、知り合いが浩介さんとつんちゃんしかいない東京を選んだ理由。

 

もう一度あの時の気持ちを思い返して、踊りを通して何をしたかったのかを「ふーむ」って感じで考えました。

 

さらにさらに、自分が22年間習い踊ってきた名古屋の舞踊を大学院で研究しようと思った理由とか。

 

K-BALLETで教員について学んで、踊るにも歴史とか用語とか、正しい知識が必要で頭を使わなくちゃいけないんだと身をもって体感したこととか。

 

地元名古屋のダンサーコミュニティに入らないようにしたこととか。

 

迷惑をかけてしまっているけどお芝居の人たちと関わりたいと思ったこととか。

 

ダンスじゃなくて舞踊をしたい。

 

技術レベルの高いこと以外でも魅せたい。

 

情緒的で豊かな舞踊をしたい。

 

ライブハウスとかでバンドに合わせて踊ることはダンスより舞踊に近いから好きだなって思ったり、

 

絵画の前で踊ることも舞踊に近いし、自分の踊りが和音や音楽、絵画の一部としてそこに存在を肯定される感じが好きだなって思ったこと。

 

「踊る」にも色々あって、方向をひとつに決める必要はないけど、自分がやりたいものをずっとできたら良いなと思いました。

 

横のつながりをダンサー界で見出してこなかったから、うおうううううってなってるけど、その分芸術に携わる人たちとたくさんあってきたと思うし、

 

これからはもちろんダンサー界の人とも会いたいけど、芸術界の人たちとの関わりをずっと大切にしたいと思いました!

 

私の踊りを「芸術」だと認めてくれて受け入れてくれた人たちがいることにありがたさを感じてます。

 

 

というわけで、全力投球だよデザインフェスタ(╹◡╹)

 

つくられてない

 

男 雨も悪くないね

 

女 なんで?悪いよ、雨。極悪非道。

 

男 君にとっては、そうかもね。しおれちゃうし、パーマとれちゃう。

 

女 パーマじゃない。巻いてるだけ。パーマだったら、雨は善でしかないよ。

 

男 なに、じゃあ、巻いてるから極悪なの?自己中だね。

 

女 今に始まったことじゃない、でしょ?

 

男 ふふ、そう。そうだね。でも、今の僕は極悪非道?

 

女 近しいかも。じゃあ、雨だ。君は。

 

男 雨男。いやだなあ、アウトドアが好きなのに。

 

女 「つくられた」アウトドアでしょ。LEDランタンにエアーベッド。極めつけはオートキャンプ。テクノロジー大好きかよ。

 

男 じゃあ「つくられてない」アウトドアって何?全裸?裸火?裸ならいい? 売られてる炭を使うのはアウト?セーフ?火種に新聞使ったらアウト?ライターは?

 

女 哲学したいのか、裸になりたいのか分かんない。

 

男 テクノロジーっていうか、文明の中で育った時点で、もう「つくられてない」アウトドアは無理だよ。

 

女 そうかもしれない。

 

男 キャンプ行こっか。車借りて。

 

女 そうだね。

 

 

 

なんだかんだクレイジー#1 MONONOHU #なんクレ 座組の方々へ

お一人おひとりに、少しですがメッセージを。

 

陽さん

普段ケラケラっとしている分、きっと私の色々なところにもどかしさなどを感じていたのではと申し訳なく思っています。そのクレイジーさがたまらなく素敵でした。顔合わせ時の「ねえ、もう今日からやる?」の攻め攻めの姿勢が印象的でした。

ジャンルは違うけれどおそらくぶっ飛んだ野望を持っているところは何か通じるところがあるのでは...。またどこかでお会いできますように。

陽さんの演技好きです。

とりあえず一度はご飯行きたいです。

宇宙メイカア見に行けなかったのが、悔やまれます。

 

ケージさん

 独特な雰囲気。ゆるやかな雰囲気の中にも、腹をくくった強かさが垣間見えました。小屋入りしてから、ポイントだけ指摘してくださるところもとても嬉しかったです。

ケージさんの他の演技も見たくなりました。これからも色々教えてください。

 

ひかりちゃん

人を惹きつけるのが上手いなと思いました。5年前の私を見ているようで、危なっかしいなとも思ってました(笑)

その あどけなさ、大事にしてほしい気もします。たまに見せる鋭さがクセになりました。

 

ひとみちゃん

天性の癒しを持っていて、私にはそれがないのでとても羨ましいなと見ていました。

舞台人の先輩として、一言。

やりたいと思ってるうちは、やれます。逆境は大きいほど充実してる。

死にそうでもだいたい死なない。だから大丈夫。

死に物狂いで挑んでいってください。

 

つじむらちゃん

まさかの後輩!それが本当に嬉しかった。

あの学部でお芝居をやってる子、私の代にはいなかったから、それもとても嬉しかった。

キャラクターが最高でした。お芝居に対する姿勢を見て私自身勉強させてもらってました。

違う作品も見てみたいな。

 

おまえちゃん

もう、その素直なところが大好きです。ひねくれた私に真っ直ぐさを提示し続けてくれていた感じがします。

これからもその素直なままいってくれたらいいな。

 

平手ちゃん

さっきも言ったけど、もっと話したら良かったと後悔してます。もっと話したら、黒子と富士の関係も変わったのではないかと。人馴れするのに時間かかる私でごめんなさい。

平手ちゃんは、すごく素敵な女優さんになると思います。ファンです。(笑)

黒子、ありがとう。「次も期待しているぞ。」

 

佐藤くん

アホだなと思うんだけど、お芝居に対する真面目さがあるので、どうしても嫌いになれなかった(笑)目がね、真剣なところがすごく綺麗でした。

カリスマ性のある役者さんになる気がします。多分敵も多いけど、そのままいってください。

綺麗な死に様見せてくれてありがとう。

 

かけるくん

袖でのお話が楽しかったね。(笑)遊び人なのかピュアなのか、面白い人だなと思ってました。ピュアな面が出ていて最後の遺言。一言一言が伝わってきて素敵でした。

お仕事も大変だと思うけど、これからもがんばってください。

 

いばさん

小屋入り時にお話ししたことがとても印象的でした。表現者としてお話ししたいと思いました。いばさんの雰囲気に圧倒され、また学ばせていただきました。

お芝居のこと何も分からないのですが、もし良かったらまた色々教えてください。

ありがとうございました。

 

まといさん

美しい蛇林檎。見とれていました、毎回(笑)

お告げを破るシーンが、このお芝居の中で1番印象的なシーンです。

声が綺麗で、ずっと聞いていたかったです。

若輩者の私に優しくしてくださりありがとうございました。

 

竜太パイセン

ご迷惑おかけしました(笑)

もうそれに尽きます。

J、良かったなあ。すごかった。

完敗です。完敗。

またいつか、勝負。

 

TERUさん

素晴らしいお芝居に携わらせていただきありがとうございました。

また今度、別のかたちでも何か関わりたいです。名古屋、変えたいですね。

才能の匂いがプンプンしました。

 

 

 

みなさんへ

初心者の私に優しくしてくださり、ありがとうございました。おそらく、もどかしいところがたくさんあったと思います。

実力のあるみなさんと同じ舞台に立てる日を夢見て、精進します。

本当にありがとうございました。

 

f:id:akariballet:20160628020048j:image

ショパン「葬送行進曲」創作にあたって

おはようございます。

 

8/13、私は3つの新作を発表します。

 

1つ目は「創作組曲birds」。

既発表の"フラミンゴ"ほか、"カモメ""ハチドリ"を発表します。

当アカデミーの上級生6名で約13分間踊ります。渾身の力作です。

 

2つ目は「ボヘミアの牧場と草原より 他生と自生」。

昨年のモルダウに続き、スメタナ交響曲「我が祖国」第2作目。

モルダウ 単体と集合」から受け継いだ世界観をさらに発展させています。

モルダウのテーマは「あの子がいなかったら、私じゃないの?」

でしたが、

ボヘミアのテーマは、「うえられたあの子は、私より強いの?」。

自己同一性は永遠の私のテーマ。

まずは曲の前半部分を発表します。

 

そして3つ目。

ショパン ピアノソナタ第2番「葬送」より第3楽章「葬送行進曲」

読書感想舞踊の1つです。しかし、作品名を明かすかはまだ決めていません。

 

先日、「葬送行進曲」を創作開始しました。

有名でなおかつインパクトのある曲。

 

わたしにとって挑戦の作品。

アメリカの4人の偉大なモダンダンサーのように、挑戦し続けたい私に対しての自分への課題。

 

サロメ以上の衝撃を。

 

f:id:akariballet:20160621142325j:image