読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妬ましい。

【夏 日本家屋 縁側】
女 へー、コンクリート


男 うん?


女 コンクリート、受けたんでしょう。いいな。私、コンクリートだけ受けてないんだよ。野良猫、鉄塔、水中動物、キャバクラ..  全部受けてるのに。


男 コンクリートだけまだなんだ。


女 うん、そう。妬ましいね。君が知ってて私が知らない。


男 でも他、知ってるじゃん。


女 そう。でも妬ましい。憎らしい。意地らしい。狂おしい。


男 ちょっと待って、そこまで?


女 うん、コンクリート。いいなあ。


男 また、あるよ。


女 妬ましいね。

 

男 妬ましいね。それならどうする?

 

女 嚙み殺す。咬み殺すよ。

 

男 コンクリートで?

 

女 そう。コンクリートで嚙み殺す。 君はコンクリートで咬み殺される。

 

男 切ないなあ。実に切ない。

 

女 でもちょっと、喜んでる。

 

男 そうだね。肩だったら最高だなって思ってた。

 

女 噛むのが

 

男 肩。

 

女 少し大きいから、アゴ痛そう。

 

男 縦?横?

 

女 ん?

 

男 噛む向き

 

女 横。横に噛むよ。イヤ?

 

男 いいね。真っ当で、いい。

 

女 でしょ。でも、コンクリートは妬ましい。

 

男 そこに戻るの?たしか、あるよ。来月。ちょっと遠いけど、電車30分くらいのとこであった気がする。あとで送っとくよ、LINE。

 

女 その優しさが、妬ましい。でも...

 

男 ん?

 

女 嬉しい。

 

男 今日はやけに素直だね。野良猫の話、教えてよ。

 

女 うん。